賢い返済をするための方法

賢い返済をするための方法

消費者金融からお金を借りた以上は返済をしなくてはなりません。
自由返済が許されているローンではないため、毎月約定返済日があり、約定返済額があります。
返済のやり方ひとつで返済総額が大きく変わります。
無駄な返済をすることのないように、返済についてしっかりと計画を立てておきましょう。

 

約定返済日の決め方

消費者金融によって返済期日が違います。
まずは確認をしましょう。

 

  • プロミス・・・5日、15日、25日、末日の中から選択(口座引き落としで三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外の口座振替を希望の時には5日のみ)
  • モビット・・・5日、15日、25日、末日の中から選択
  • アコム・・・1回の支払につき35日以内または毎月払い(返済日を任意で選べる)、口座引き落としは毎月6日

 

返済期日には違いがありますが、プロミスとモビットは返済日の選択に気をつけましょう。
特に口座引き落としを希望する時には給料日との兼ね合いを考えて設定しなくてはなりません。

 

この3社の中で返済日に大きな特徴があるのはアコムの35日返済です。
特殊な返済期日設定が用意されています。
全快の返済日の翌日から数えて35日以内に返済をすること、それが35日ごとの返済となっています。
いつ返済をしても35日以内に返済をすればよいという珍しい返済日設定です。
利息を抑えるためには少しでも早い返済が必要になりますが、毎月指定日の返済の時には気をつけなくてはなりません。

 

例えばアコムの場合、毎月指定日の返済は返済日前14日から当日までがその月の返済期間となっています。
それ以前に返済をすると、前月分の追加返済として扱われ同月にまた返済日が来ることになります。

 

契約時に決める返済日は、給料日や公共料金の引き落としなどを考慮して慎重に決めましょう。

 

返済方式は比較の意味がある?

各消費者金融で返済方式が決められています。

 

  • プロミス・・・残高スライド元利定額返済方式(最後の借入後の残高に応じて一定の割合を掛けて返済額が決められている)
  • モビット・・・借入後残高スライド元利定額返済方式(最後の借入後の残高によって返済額が決められている)
  • アコム・・・定率リボルビング方式(借入金額に一定の割合を掛けて返済額が決められている)

 

返済方式とは毎月の返済額を決めるための計算式です。
しかしそれは大きな問題ではありません。

 

10万円借入後の各社の返済額を確認してみましょう。

  • プロミス・・・4,000円
  • モビット・・・4,000円
  • アコム・・・5,000円

返済額にそれほどの違いはありません。

 

いずれも返済方式で決められた返済額は、最低返済額です。
それ以上の返済をすることは自由となっています。

 

最低返済額だけを返済していたのでは長期化することは避けられません。
返済額は消費者金融側にコントロールされるのではなく、自分で操縦していかなくてはなりません。

 

返済シミュレーションを活用して返済額を決めましょう。

 

最も有効な返済方法は?

消費者金融はサービスが充実していることが大きな特徴の一つです。
その中には当然、返済方法の豊富さもあります。

 

それでは最も有効な返済方法はどのようなものになるのでしょうか。

 

口座引き落とし+手数料無料の返済方法
これが最も有効な返済方法です。

 

毎月確実に返済をしなくてはなりません。
そのためには、忙しくても口座に残高さえあれば自動的に返済ができる方法として口座引き落としは欠かすことができない方法です。
しかし口座引き落としだけでは最低返済額が引き落としとなるため返済が長期化します。

 

余裕があるときには積極的に返済することを心がけなくてはなりません。
そこで活用したいのは手数料無料で便利な返済方法です。
例えばプロミスなら、インターネット返済が手数料無料で24時間利用ができ、すぐに反映されることからも最も便利な方法となるでしょう。

 

返済方法は口座引き落としを基本として、手数料無料の方法も確保しておきましょう。