消費者金融のおまとめローンを比較

総量規制がある消費者金融でも多重債務はあり得る

借入が重なること、それは危険なことでもあります。
複数の借入先になってしまったときには元の状態に戻すことが必要です。
それが「おまとめ」「一本化」とも呼ばれる方法となります。

 

貸金業である消費者金融は、総量規制の対象です。
個人は消費者金融を含めた貸金業者からの借り入れ総額は「年収の3分の1」を超えることはできません。
この制限が、消費者金融利用者の多重債務を防止するために作られた法律でもあります。

 

ところが総量規制があっても、「個人の借入金額の上限を定めている」ものであって「借り入れ件数を規制する」ものではありません。
使い方次第では十分に多重債務に陥る可能性があります。

 

例えば、年収300万円で考えてみましょう!

総量規制に基づいて貸金業者からの借り入れ総額の上限は年収の3分の1となる「100万円」です。
現在の消費者金融では平均初回貸付額が20万円程度となっているため、単純計算で5社からの借り入れが可能ということになります。

 

当然借り入れ先が増えればそれだけ、返済の状況が混乱します。
返済額の用意が難しいものではなかったとしても、月に5回も返済日があること、その都度計算しなければならない利息、返済額。
現在の状況はもちろんのこと、今後の計画を立てることもできなくなるでしょう。

 

 

複数の借入先があるということは困難なのではなく混乱しているだけ、それはよくあることです。


 

消費者金融でもできるおまとめローン

総量規制のある消費者金融には、総量規制の例外となるおまとめローンがあります。
年収の3分の1という縛りがなくなり、現在の貸金業者からの借り換えを専用としているローンです。

 

いくつかおまとめローンには条件があります。
それは消費者金融が設定する条件ではなく、貸金業に基づいた条件です。

 

  • ひと月の返済額が現状よりも高くなってはいけない
  • 現在の借入先の適用平均金利よりも高くなってはいけない
  • 貸金業者からの借入金額に限ること
  • 借入残高は減らすものであること

 

消費者金融のおまとめローンは、「適用金利」「返済額」いずれも申し込み前には知るすべがありません。
問い合わせをしたとしても、実際に審査が行われなければわかるものではありません。
相談のうえで返済額を決定できるのかという問い合わせをしても同じ回答があります。

 

その理由は、貸金業法で決められたおまとめのルールにあったということです。

 

「返済額」と「適用金利」は、現在の借り入れ状況を確認したうえで「現状より高くならない返済額」で「現状より高くならない金利」の範囲で決定されるということです。

 

残りの条件もみてみましょう!
貸金業法で認められている総量規制例外のおまとめローンは、「貸金業者からの借り入れに限る」ことと、「減らすこと」が条件になっています。
消費者金融もしくはクレジットカードのキャッシング枠などの貸金業からの借り入れが対象となります。
また、減らすことが目的である、その項目から返済専用ローンであることもわかるでしょう。
追加融資は一切できません。

 

 

通常のフリーキャッシングのように融資限度額が与えられるものではないために、完済を目的としたローン、それがおまとめローンです。


 

消費者金融のおまとめローンを比較

モビットにはおまとめとしての専用ローンがあります。
プロミスとアコムにあるおまとめローンを見てみましょう。

 

  プロミスおまとめローン アコムおまとめローン
融資額 300万円まで 300万円
金利 6.3%〜17.8% 7.7%〜18.0%
遅延利率 20.00% 20.00%
返済方式 元利定額返済方式 元利均等返済方式
返済期日 5日、15日、25日、末日 毎月払い
三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外は5日のみ  
返済期間 最長10年 最長13年7か月(自動契約機の場合最長8年か12年3か月)
返済回数 1回〜120回 2〜162回(自動契約機の場合最長95回か146回)
申し込み条件 20歳以上65歳以下 20歳以上
本人に安定した収入がある 安定した収入と返済能力がある
パートアルバイト利用可  
借り換え対象となるローン 消費者金融、クレジットカードキャッシング 貸金業者債務の借り換え
申し込み必要書類 本人確認書類 本人確認書類
収入証明書類 収入証明書類
申し込み方法 自動契約機 店頭窓口
店頭窓口(お客様サービスプラザ) 自動契約機
  郵送
借入方法 借入先にプロミスが振込 借入先にアコムが振込
返済方法 インターネット返済 インターネットバンキング
口座振替 店頭窓口
店頭窓口(お客様サービスプラザ) アコムATM
プロミスATM 提携ATM
提携ATM  
コンビニ返済  
銀行振込  

 

実はどちらのおまとめローンも、カードが発行されます。
追加融資はできないために借入に使うことはできませんが、返済方法が豊富に用意されています。
口座引き落とし以外でもカードを使って積極的に返済ができるために、計画を立てやすくなっています。

 

消費者金融に一本化をする理由

銀行カードローンは総量規制がないために、個人への法律による借り入れ金額の制限はありません。
そのため銀行カードローンにはおまとめローンはなく、通常のカードローンの資金使途が自由となっているために一本化にも使えるローンになっています。

 

融資限度額に応じて金利が下がる銀行カードローンは、大きな金額に借り換えるおまとめにこそ、低い金利の威力を発揮します。

 

ところが、通常のカードローンであるがために複数の借り入れには審査が厳しいのはやむを得ないことです。

 

だからこそ、消費者金融のおまとめローンをつかって、現在の債務状況を簡潔にする必要もあります。
借り入れ件数を減らし、返済実績を作ることでいずれ銀行カードローンに借り換えをするときにも役立つでしょう。