レイクの審査と申込・借入・返済方法

レイク

現在は新生銀行カードローンのレイクではありますが、消費者金融時代そのままに利便性の高いキャッシングで人気があります。全国に展開される自動契約機、最短即日融資、充実したサービスです。

 


⇒レイクの審査申込はコチラ

 

レイクの無利息期間は?

金利 4.5%〜18.0%
最高限度額 500万円
返済額(10万円当たり) 3000円
遅延損害金利 20.00%
無利息期間 30日間無利息
条件 初めてレイクを利用すること
180日間無利息
条件 初めてレイクを利用すること
借入金額のうち5万円まで適用
適用開始 契約翌日
利用条件 20歳〜70歳
安定した収入があること
※パート、アルバイト利用可能

 

レイクといえばやはり無利息期間が最も人気です。5万円以下の借り入れなら180日間も金利0%、つまり利息は0円になります。30日間無利息もありますが、契約翌日から適用となっているため無駄のないように気を付けなくてはなりません。

 

レイクは銀行カードローンなのに金利が高い!?

確かに銀行カードローンでありながら金利上限は18.0%と消費者金融と変わりありません。カードローンにはそれぞれの使い方があり、レイクは「5万円以下のキャッシングが180日間利息無料」というのが効率の良い使い方です。

 

レイクの申し込み方法は?

申し込み方法 パソコン
ケータイ
スマートフォン
自動契約機
電話
郵送
自動契約機営業時間 8時45分〜24時(第三日曜日8時45分〜19時) (2016年8月時点。店舗によって異なるため公式ホームページから確認が必要)
即日振込の条件 平日14時までの申し込みと必要書類の確認の完了
必要書類 本人確認書類(いずれか1点) 運転免許証
健康保険証
パスポート
※外国籍の方(いずれか1点) 在留カード
特別永住者証明書
金額により収入証明書類 源泉徴収票
確定申告書
給与明細書(直近2か月分)
住民税確定通知書
所得証明書

 

消費者金融時代そのままに、現在もレイクの自動契約機は全国に数多くあります。最短即日融資も十分に可能で24時まで営業をしています。

 

即日振り込みキャッシングを希望する場合には平日の14時までに申し込み、必要書類の提出を完了させましょう。それ以降になった場合にはネット申し込み後に自動契約機に向かうと安心です。

 


⇒レイクの審査申込はコチラ

 

レイクの審査は?

審査時間 最短30分
審査対応時間 8時10分〜21時50分
審査結果連絡 メール
電話
在籍確認 原則在籍確認アリ

 

審査対応時間が長いこと、そのため最短即日融資の可能性が一日の遅い時間まで可能という点ではレイクが一番です。在籍確認は必ずありますが、レイクを名乗ることはありません。

 

レイクでカードを受け取るときには

カード受取時間指定 ×
郵送方法 本人限定郵便
郵送差出人名 新生銀行

 

カードローンでは珍しく本人限定郵便となってます。差出人名は新生銀行となっているため万が一家族がその封筒を見たとしても銀行開設という言い訳ができます。

 

本人限定郵便とは

郵便局から通知書が送付される、もしくは電話連絡があり郵便物は郵便窓口で受け取る方法です。その際には公的証明書の持参が必要になります。

 

レイクの借り入れ方法は?

振込キャッシング 平日9時〜14時45分
レイクATM 7時30分〜24時
提携ATM セブン銀行ATM
ローソンATM
イーネット
イオン銀行

 

提携ATMの数は少ないものの、すべてのATMは利用手数料無料です。振り込みキャッシングにも対応していますが、当日に受け取るためには平日14時45分までに振り込みキャッシングの手続きを完了していなくてはなりません。そのため、基本の使い方は手数料無料のATMからの借り入れになるでしょう。

 

レイクの返済方法は?

WEB返済  
口座振替  
銀行振り込み  
レイクATM 7時30分〜24時
提携ATM セブン銀行ATM
ローソンATM
イーネット
イオン銀行

 

口座振替と、WEB返済、提携ATM、営業時間が深夜までのレイクATM、利用手数料が無料です。唯一銀行振り込みだけが振込手数料を負担しなければなりませんが、ここまで手数料無料の返済方法が充実している中であえて選択することはないでしょう。

 


⇒レイクの審査申込はコチラ